--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一関の老舗の本屋さん

2006年06月01日 00:10

よかった…本当によかった(´Д⊂グスン。

6月に閉店が決まっていた一関市の老舗の本屋さん「北上書房」が
東京の書籍関連企業が経営を引き継ぐことになり
存続することが決まったそうです。

先日も誠山房が閉店したばかりで
とうとう北上書房も…と嘆いていたところでした。

中高生の頃、地元に本の揃っている本屋さんがなくて
家族に連れられて一関に買い物に来たときに必ず寄った「北上書房」。
ここなら、探していた本も、ちょっとマニアックなファンタジー小説も
参考書もコミックもみんな売っている。

探していた本が見つかったときは嬉しくて
どうしても見つからない本があるときはここに来ればいいんだ、と思ったものです。
その後、山形の短大に進学した後は
暇さえあれば自転車で山形市内の本屋をはしごする
本の虫になってしまいましたが… ̄▽ ̄;。


でも最近はこういう書店も少なくなくなってしまって、
一関市内にも一応「大型書店」はあるものの
ほとんどビデオレンタル店などと併設しているタイプの書店で
蔵書も満足するものじゃなかったりします。
ベストセラー本とコミックと雑誌ばかりだし。

そういえば最近いい本読んでないなぁ。
また電車でどこかに行くときに読んでみようかな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tamurisosi.blog42.fc2.com/tb.php/80-ec26b949
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。