--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルル風物詩・2代目レオン編15◇エレナ女王杯

2011年07月03日 23:51

205年 新年
205年新年
マルセラ姫と結婚して初めての新年。

マルセラ姫の妹君、ヨランデ王女が成人を迎えた。
ヨランデ姫
しかし、髪型以外はそっくりだなぁ。性格は正反対なのだけど。

成人早々さっそく彼氏ができているという。
行ってあげてもいいわよ
ちなみに彼氏のギスラン君は、義兄じゃないほうのギスラン君。
(プレイヤーは「赤ギスラン」とか「眼鏡ギスラン」とか呼んでいます)

しかしアクアスの騎兵か。しかもグラウス隊。
まるで2年前の自分を見るようだ。頑張れよ、赤ギスラン君。
205年2日 聖炉開き
王族の一員として初めての聖炉開き。
王宮を去ったジュリアン卿に代わり王弟ギャレス卿がクリート・エルグ長(王族長)を勤める。
聖炉開き204-1
僕も副長として長を支えていきます。

聖炉開き204-2
しかし・・・クリート・エルグといい、このリサマルの炉といい・・・ナルル王国には隠された秘密が多い。
王太女マルセラ姫の夫である限り、国民が知らざることを知ることになるのだろう。
エルグ長時代に王宮の秘密を垣間見た父が心配していたのもわかるような気がする。

205年3日
今年は4年に一度のエレナ女王杯が開催される年。
王族が参加できる唯一の大会である。
エレナ女王杯組み合わせ
結婚してティルグを引退してから公式試合から遠ざかっていたので否応なしにも腕が鳴る。
しかし、王族の人数が足りなくて、一般騎士からギスラン(義理の兄のほう)が参加させられたようだ。可愛そうに。

姫に伝授
大会に備えて、マルセラ姫に技を伝授する。
1回戦を勝ち抜けば姫との直接対決になる。頑張ろう。

205年4日
僕たちの1回目の結婚記念日。
1年目の結婚記念日1

プレゼントを持ってふたりでリコ温泉へ。
1年目の結婚記念日3

マルセラ「まだ実感ないなぁ~。」
実感ないなぁ~
あああ・・・今朝、「子供欲しいな」って言われたのに断ったから・・・げふんげふん。
ちなみにまだぼくたちの間に子供はいません(´・ω・`)。

帰ろうとする姫を呼び止めてウィムの宝石をプレゼント。
1年目の結婚記念日4
受け取ってもらえてよかった。
何となくドタバタしてしまった結婚記念日でした。

夜は、エレナ女王杯開幕戦。

ギスラン・イストリア(姉の夫)vsサラ・ランス
エレナ女王杯204

ああ・・・やっぱりこうなってしまうよね
054_20110703221550.jpeg
ギスラン義兄、成すすべなく初戦で敗退。
義兄さんも現役の騎兵で決して弱くはないのだが、この大会はどうしても一般人は勝てない大会なのです。

一方、僕は1回戦を勝ち準々決勝に勝ち進んだ。

405年9日 エレナ女王杯準々決勝
準々決勝は王太女と婿の夫婦対決。

レオン・ランスvsマルセラ・ランス(王太女)
レオンvsマルセラ1

Marusera_20110703222852.jpg「レオンさん。本気でいくわよ。」
Leon3_20110703222853.jpg「ああ。全力でかかっておいで。」

姫は何度も練習試合を重ねただけに、こちらの出方は知り尽くしている。
レオンvsマルセラ2
力量はこちらが上だが、油断すればやられる。

しかし勝負あった。
レオンvsマルセラ3
僅差で今回の勝負は僕の勝ち。

しかし、姫強くなったなぁ・・・。
072.jpeg
王太女としての誇りと自覚が出てきたのかも知れない。幼かった姫は確実に成長している。

405年11日 エレナ女王杯決勝

準決勝でギディオン王配殿下に圧勝し、迎えた決勝。
対戦相手はナルル女王セレナ陛下。
果たしてジャイアント・キリングはなるか?。

レオン・ランスvsセレナ・ランス(女王陛下)
レオンvs女王陛下1

ジャイアントは簡単にキリングできないからジャイアントなのです。
レオンvs女王陛下2
・・・・というわけで負けましたorz。
相打ちまで持ち込めたのに・・・な。

それでも、陛下と互角に戦えたのだから悔いはない(リセットもしない)。
085_20110703230211.jpeg
4年後頑張ろう!。

205年13日 シンザー区イストリア宅
シンザー区に住むテレーザ姉さんのところへ行く。
きょうは出産予定日なのだ。
姪誕生1

夕方になり、リーグ戦を終えたギスラン義兄さんが慌てて帰ってきた。
姪誕生2

そして新しい命は生まれた。女の子だった。
姪誕生3
姉さん・・・本当に幸せそうだった。
女の子はジゼル・イストリアと名づけられた。
(しかしここでスクショ1000枚の上限に達したという・・・)

僕も早く姫との子供が欲しいな・・・。

205年16日
元上司のローク・エルグ長エミリアさんが、アクアスの騎士長アデナウアーさんと結婚。
老騎士とエルグ長1
アデナウアーさんは父さんの旧くからの親友であり、エミリアさんも大事な仕事仲間だ。
二人の結婚は父さんも嬉しかったろうと思う。
特にエミリアさんは辛い恋を経験してきただけに・・・。

老騎士とエルグ長2
どうかこの2人が一緒にいられる日が一日でも長く続きますように・・・。

愛する人と一緒にいられる幸せ
ふたり茶摘

美味しいものをたくさん食べられる幸せ
大食漢の集い2連覇
(大食漢の集い・2連覇)

そして家族が元気でいること
父と

なんでもないことだけど平穏な日々がきっと幸せなのだと思う。
妹の婚約デート
(妹もそろそろ結婚かな・・・)

ただ気になることは、何となく国じゅうが慌しく動いているような気がすること。
去り行く人
新たな命が生まれれば、去り行く命も多い。
時代がめぐるましく流れているような気がする。僕の思い過ごしならいいのだけど。

冬至の儀式205
巡り行く日々が穏やかなものでありますように。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tamurisosi.blog42.fc2.com/tb.php/372-9cb97afe
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。