--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルル風物詩・2代目レオン編3◇父と王さま

2011年02月27日 00:56

※今回は初期住民の寿命に関するネタバレがあります。
 初期国がクラレンス王の国のプレイヤーさんはネタバレにご注意ください。


ナルル王国の王さまはクリストバル・ランス陛下。

ぼくとおうさま

父ちゃんと王さまは「親友」なんだって。休みの日は時々嘆きの崖にお出かけしてる。
子供のぼくたちにも優しいおうさまなんだ。

たたかうおうさま

でも、武術が苦手なので(突風剣しか技を知らない)騎士杯も勝てなかったりする。
だからこっそりと練習試合を頑張っている。
父ちゃんの話では先代国王のクラレンス陛下、つまり王さまのお父さんは物凄く強い人だったのだそうだ。

つかれたおうさま

でも時々無理をしているので心配になってくる。
王さまはもう白髪のおじいちゃんなんだから無理しちゃだめだよ!。

きらきらもふもふをお迎え

王さまや父ちゃんたちと一緒にキラキラもふもふしたバフカのお迎えの儀式。
でもバフカはぼくんちじゃなくシーラのほうに行っちゃったけどね。


そんな王さまが病に倒れたのは学校がお休みの日の16日のことだった・・・。
でも、お見舞いに行こうにも王さまのおうちがある王宮へは、王族と父ちゃんたち評議員しか入れない。

「父さんは今夜王宮に行ってくる。遅くなるからお前たちは先に休んでなさい」
父ちゃんはそう言って出かけていった。

でも、ぼくは家で大人しく待っていられなかった。
夜、こっそり家を抜け出して夜中のアトリウムへやってきた。

夜中のアトリウムは誰もいなくて静かでとても恐い・・・。

かんけいしゃいがいたちいりきんし


誰かが物凄い勢いで走ってきた。父ちゃんだ!。
父ちゃんはぼくにも気づかず、扉の中へ駆け込んでいった。
(咄嗟のことでSSも撮れませんでした)
少し遅れて、ボードワン卿とギャレス王子が駆け込んでいった。
その後、神父さんと巫女さんがやってきた。


子供のぼくにもなにがあったのかがわかった・・・。


そして真夜中すぎ。青ざめた表情の父ちゃんと王族の人たちが戻ってきた。
こんな表情の父ちゃんを見ることはほとんどない。ぼくは何も言えなかった。

そして翌朝。

ナルル国民みんなで王さまとお別れをした・・・。

クリストバル陛下の国葬

父ちゃん・・・祭壇の後ろでこっそり泣いてた・・・。

いまでも王宮前通りを歩いていると、何となく王さまが話しかけてくれるような気がする。
でも王さまはもういない。遠いところへ旅立っちゃったんだ・・。


【余談】
名珍スクショ祭りのため、過去SSを漁っていたら、
自宅の画像に王太子時代のクリストバル殿下がいてびっくり。
王太子時代のクリストバル様
197年ごろの画像。アレックと友人になる前もロークエルグ邸を訪問されていたようだ。


コメント

  1. はと | URL | -

    ああクリストバル王が…
    アレックさん、2世代の王をお見送りすることになってしまったのですね。
    お察しします。(感情移入しちゃうなぁ)

    レオン君も夜中の静まり返ったアトリウムで
    響く音に耳を澄ませながら祈った時間…寂しくて悲しかったろうなぁ。

  2. さとや@管理人 | URL | -

    Re: タイトルなし

    > はとさん
    クリストバル王が亡くなられてしまいました。あと5年は長生きしてほしかったです。
    実は葬儀の日に、王太女(新国王)に2人目のお子さんが生まれたのですよ。
    せめてあと1日待ってあげればよかったのにと・・。

    子供時代に先代の親しい人たちが亡くなると切ないですね。
    子供はまだちゃんとお見舞いができないので・・・。

  3. さすらん | URL | POQ5NLzM

    王様がお亡くなりになったんですね…

    彼はアレックさんの親友だったんですね。
    親しくしていたキャラの死は辛いものですよね…

    アレックさんの気持ち痛い位よくわかりますよ。
    アレックさんが、扉の中に入れてよかったです…
    王族が危篤になった時、門前払いで立ち往生しているキャラもよく見ますし…

    スクショ祭りに応募されるんですね。
    私も色々応募してみました。
    どんな作品が集まるか楽しみですよね。

  4. さとや | URL | -

    >さすらんさん
    クリストバル王は、いむ杯のときに子供たちを気遣ってくれたり
    引継ぎの前日に家を訪ねてきてくれたりと本当に優しい方でした。
    即位1年でお別れすることになるなんて・・・。

    父アレックがまだエルグ長だったのがせめてもの救いでした。
    友の死の床へ走っていく姿につい目から汗が・・・。

    王族エリア立ち入り制限で悲しい思いをすることは多いですね。
    親族や親しい友人の死に目に会えなかったり、王族の子供たちも誕生会に友達を呼べなかったり。
    特に問題がないのなら、メイのテラスや親衛隊オルグのように自由に出入りできてもよかったんじゃないかなと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamurisosi.blog42.fc2.com/tb.php/358-c6eb1f9c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。