--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルル風物詩番外編2~話せば長くなる話(後日談追記)

2011年01月18日 20:56

まずはこちらのエントリーを振り返ってみてください。
ナルル風物詩・初代アレック編2◇結婚狂騒曲
結婚式

さらっと流してますよね・・・さらっと。
実はプレイヤーが精神衛生上さらっと流さざるを得ない心境だったのです。

ええ・・・他聞に漏れぬ「ナルルの洗礼」というやつでしたorz。

というわけで、お話は192年に遡ります。
移住1年目の192年の秋ごろ
友人もできて、ようやくナルル王国にも馴染んできたアレック。

当時から聖騎兵だったジニーさんとの馴れ初めはシルティスティルグの訓練場でした。
1歳年上の彼女には、技を教えてもらったり練習試合の相手をしてもらったり。
恋人というよりは憧れの先輩だったようです。

ところがある日、不意に彼女から本気告白されます。
憧れのお姉さまに告られて有頂天のアレック。
もちろんOKしました。断る理由なんてありません。

が・・・実は彼女はモテ女王
NALULU_SS_0005.jpeg
少なくとも当時アレック以外に3人は「恋人」がいたはずです。
(未確認の子を含めればもっといたかも ̄▽ ̄;)

そんなモテ女王のジニーさんの本命はアイザック・ブラッコさん(故人)
アイザック・ブラッコ
ローク・エルグの古参でアレックの先輩。
2人の息子を持つやもめさんでした。

しかし、アイザックさんは、息子のヨッヘンとまだ幼いステファンを遺して
193年のはじめに天に召されてしまいました。
NALULU_SS_0009.jpeg

ちなみに193年はローク・エルグ災厄の年であり
1年の間に当時のエルグ長と副長はじめ5人が亡くなるという非常事態があった年でした。

それから、ジニーさんはアイザックさんのことが忘れられなかったのかも知れません・・・。
アレックとの交際はしばらく平行線を辿っていました。

ようやく正式に「恋人」として認められたのは婚約をした後でした。
NALULU_SS_0013.jpeg

ちなみに式が翌年の194年に延期になったのは、
プレイヤーの確認ミスです・・・
「夕方から」とかよくきいてなかったんだぜ・・・orz。

そして194年8日
結婚式
ようやく結婚したアレックくん。

しかし、この後が大変だったのです。

ジニーさんのかつての「恋人たち」が毎朝のようにローク・エルグ長邸にやってくる。
デートに行けば彼らに「出待ち」されて、デートの約束を取り付けられる。

本当にさんざんな新婚生活でした・・・orz。
しまいには半ばやけくそ気味に彼らをまとめて「ジニー親衛隊」と呼び始める始末。

しかしテレーザが生まれた頃、彼らもようやくジニーさんの元へ通うのをやめはじめました。

ただ1人、彼だけを残して・・・
ヨッヘン
(画像撮っていなかったので今現在のしかないや・・・^^;)

彼はいまでも毎朝、ロークエルグ邸を訪ねてきます。
ノームスティルグを戦力外通告にあっても、ジニーさんに拒まれることがあっても毎朝のように・・・。
亡きアイザック氏の息子というのがとても因縁めいていて恐ろしいのです。

考えてみれば彼も不幸なのかも知れません。
密かに思いを寄せていたであろう父親の恋人を、移住者上がりの若造のローク・エルグ長に奪われたわけですからね。

とりあえず、寝首をかかれないように気をつけます。
大丈夫。アレックは並の騎士ぐらいならじゅうぶんに渡り合えますから( ̄▽ ̄;。


【後日談】
今年の年明けのことでした。
003_20110120234244.jpeg
ヨッヘンさんがついにジニーさんと別れる決意を固めたようです。
男としてけじめをつけたのですね。


コメント

  1. はと | URL | -

    こ、これがアレックさんの苦労話……(ハンカチで頬をぬぐいつつ)
    よく話して下さいました……
    呑もう呑もう!w

    アイザックさんの息子ヨッヘンさんの深そうな縁が
    こう、なんとも…こわいかんじですね。
    根性あるなぁヨッヘンさん………

    親衛隊って呼び方とてもいいですねw
    きっと親衛隊の間でけん制しあってる間に
    アレックさんがかっさらったんだろうなぁ。
    ジニーさん、よほど魅力のある方なんでしょうね。

  2. たむ@管理人 | URL | -

    >はとさん

    ( ´・ω・`)つ ハンカチをどうぞ。
    それでは、夜1刻アラクトの恵み亭で。

    ヨッヘン、青年のときはAGOでもなかなか整った美男子だったのですが
    画像をとっていなくて壮年以降の画像になってしまいました^^;。
    なんというか、ブラッコ父子2代の因縁というか・・・。
    一途ですよねぇ・・・。

    それでも「島流し」にはできませんでした。
    ステファンがまだ子供だったこともありますが。

    ジニー親衛隊で親衛隊エルグができたんじゃあるまいかと
    阿呆なことを考えるプレイヤーでした( ̄▽ ̄A

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamurisosi.blog42.fc2.com/tb.php/350-02ea0287
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。