--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルル風物詩・初代アレック編10◇王国が悲しみに包まれた日

2011年01月15日 21:17

197年の24日
この日は「感謝祭」の日。
教会では聖歌を歌う会が開かれ、ロークエルグでは巨大ロツ大会が開かれ
酔いどれ騎士亭では大食漢の宴も開かれ、ナルル王国は賑やかなお祭りの日の朝。

王妃ワンダ・ランス殿下ご危篤のお知らせが・・・
あの美しいお妃さまが・・・。

子供たちをひきつれてまずアラクト教会へ。
聖歌隊。王族パートが1人足りません。
006_20110115202948.jpeg
陛下に声をかけてみると浮かない様子で「大丈夫ですよ・・・」と答えておられた。
このかたが「大丈夫ですよ」というときは決まって大丈夫じゃないときなのだ。

大食漢の宴に参加してみたものの、調子が悪くて早めに撃沈。
ここで娘に言われたひとこと。
008_20110115203327.jpeg
娘なりに心配してくれてるらしい。
本人はまったく悪気はないですが父ちゃんちょっとショック( ̄▽ ̄;。
巨大ロツ大会はそこそこに、王の寝所へ王妃さまのお見舞いへ行くことに。
009_20110115204222.jpeg
王の寝所やクラウンハイムには王族と評議員以外は立ち入れないので他にお見舞いに来る者はいない。
王国が感謝祭で賑わう中、王妃さまは静かに最期のときを待っていた・・・。

そして夜2刻の頃、
011_20110115204849.jpeg
陛下とボードワン卿に看取られながら王妃さまは天に召されていきました・・。享年28歳でした。

翌朝、ナルル国民全員が参列しての国葬が行われました。
016_20110115205637.jpeg
国葬では各エルグ長も弔辞を述べます。任期中にこんなことがあるとは思わなかった・・・。

019_20110115210236.jpeg
最後に喪主である陛下からのご挨拶があります。
同い年でおしどり夫婦だった国王陛下ご夫妻だっただけに、残された陛下が心配です。

そしてナルルは冬至を迎え、197年もそろそろ終わり。
033_20110115211003.jpeg

028_20110115210818.jpeg
子供たちも来年から、大きい子から順に学校へ通いはじめます。
そろそろ引継ぎのことも考えなくちゃいけないなぁ・・。

そして来年もローク・エルグ長を任されることになりました。これで5期目になります。
ここまできたら、父ちゃん引継ぎまで頑張ろう。
004_20110115211446.jpeg


コメント

  1. はと | URL | -

    アレックさんの日記はそこに住んでいる人に書かれた雰囲気なのがとても好きです。
    王宮のむこうに感謝祭の人の賑わいがうっすら聞こえていたんだろうな、王妃様には。

    そろそろ引き継ぎを考える時期なのですね。
    レオン君に継ぐんでしょうか?

  2. たむ@管理人 | URL | -

    >はとさん

    ありがとうございます。そういう感想をいただけて、とても嬉しいです。
    もうひとつのブログのほうの癖がでているのかも知れませんが^^;・

    ワーネバは移住した国や住人にどれだけ愛着が持てるかで
    楽しくもなるし悲しくもなると思うのです。

    ちなみに2代目は「命名時の名前入力ミス」つきのレオンに引き継ぐ予定です。
    お姉ちゃんと可愛い妹に挟まれた男の子ひとりという状況が面白そうなので(笑)。
    でも、ぎりぎりまで迷い続けるんだろうなと思ったりしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamurisosi.blog42.fc2.com/tb.php/348-1ec3ca0a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。